お喜楽人生

日々の出来事、記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌舞伎3


こちらの写真はブロ友のまゆさんからお借りしています
写真加工しています
まゆさんありがとうございましたm(._.)m

5月3日(金・祝)から京都四條南座 で
「五月花形歌舞伎」が開幕しています。
今回市川海老蔵が出演されるとのことで、またとない機会じゃないですか^_^
ワクワク、ドキドキしながら無事会場入り

以下ネットから一部資料をお借りしています。



 昼の部は、市川右近が初役で北条高時に挑む、新歌舞伎十八番の『高時』で幕を開け、狂言をもとにした舞踊『太刀盗人』を、すっぱの九郎兵衛に尾上松也、田舎者万兵衛に坂東亀三郎、目代丁字左衛門に片岡市蔵という清新な配役で上演。
 そして今回の公演の話題の一つとなっている、歌舞伎十八番の『鎌髭』が、市川海老蔵の悪七兵衛景清、市川左團次の三保谷四郎という配役で復活上演され、荒事の魅力横溢とした舞台に、熱気に満ちた客席から喝采の拍手が送られました。

 この『鎌髭』は、安永3(1774)年に四世市川團十郎が初演した作品で、今回は初演時の資料などを参考にしながら、新たな着想のもと、脚本、演出を練り上げての上演となりました。市川宗家が『鎌髭』を上演するのは、奇しくも夜の部で上演中の『伊達の十役』を初演した、七世市川團十郎以来のこととなります。

 また『鎌髭』の劇中口上で、海老蔵が「『鎌髭』は私といたしましては、十二代目團十郎が復活いたしまして、親子共演で、舞台を勤めるのが一つの夢でございましたが、それは叶わぬこととなりました。しかしながら、父、團十郎が最後に舞台に立ちましたここ京都南座におきまして、この『鎌髭』が上演できますことは、父への少しでも供養になるのではないかと思いました」と、今回の復活に至った経緯と、無事に初日を迎えた喜びを述べると、盛んに「成田屋!」の掛け声がかけられました。


一、新歌舞伎十八番の内 高時(たかとき)
新歌舞伎十八番の名作、驕慢高時を描く
 鎌倉幕府の執権北条高時は、犬を偏愛し、田楽舞(でんがくまい)にうつつを抜かしています。老婆に襲いかかった犬を殺した浪人を死罪にするようにと命じます。しかし、家臣が今日は二代目執権義時(よしとき)の忌日であることを訴えると、高時もその処罰を諦めます。宴を催して気を紛らわしますが、突如雷鳴が響き渡り...。
 史実に基づく「活歴」劇の代表作です。
∞⌒∞+⌒∞+⌒∞+⌒∞+⌒∞+⌒∞+⌒∞
あやの感想
『高時』はイヤホンガイドで説明を聞きながらの観覧
何が素晴らしいって、市川笑也さんの女形
まあなんと美しいことでしょう
これだけですごく満足
どれほど美しかったか(⌒▽⌒)
写真を写せません
写したかったです
記念に一枚欲しいですね
市川笑也さんの女形が最近人気だとは聞いていました
初めは笑也さんが出ていることに気がつきません
あまりに美しかったので、パンフレットを見直し
配役を確認してから気が付きました
姿勢がいんですね
もう一度観たいですね
∞⌒∞+⌒∞+⌒∞+⌒∞+⌒∞+⌒∞+⌒∞
二、太刀盗人(たちぬすびと)
明るくユーモラスな舞踊劇
 松羽目物(まつばめもの)で、狂言の「太刀奪(たちばい)」を題材にした作品です。すっぱ(すり)の九郎兵衛が田舎者の万兵衛の太刀を盗もうとして争いになると、そこへ目代(もくだい)がやってきます...。
 九郎兵衛が、万兵衛を真似て半間ずつ遅れて舞を舞うところが笑いを誘います。わかりやすくて品格漂う、舞踊劇の一幕をお楽しみください。
゚*:.。.:*゚(ゝω・`)゚*:.。.:*゚(ゝω・`)゚*:.。.:*゚
あやの感想
歌舞伎がお腹抱えて笑えるとは思いませんでした
この舞踊劇は観たことがあるような感じがしました
∞⌒∞+⌒∞+⌒∞+⌒∞+⌒∞+⌒∞+⌒∞

三、歌舞伎十八番の内 鎌髭(かまひげ)
〝大荒事〟にて歌舞伎十八番が復活!
 平家滅亡ののちも源氏の追手を逃れ、密かに源氏を倒そうと頼朝の首を狙っている景清。一方の源氏も、景清を捕らえようと、策を巡らせているのでした。修験者の姿となった景清がのりこんできて...。
 四世市川團十郎が安永3(1774)年4月江戸中村座で初演しました。今回、海老蔵が新たな構想のもと復活する「歌舞伎十八番」にご期待ください。
あやの感想
私には少し難しかったかな;^_^A
口上は期待していなかったの
でも聞けて良かった
わたしの胸が熱くなりました
海老蔵さんが劇場内に入られると
会場内の不意気が変わるんですね
凛と張り詰めた空気
海老蔵さん観たさに身を乗り出して観てしまいました
少し奴れて観えました
お化粧のせいでしょうか??
観に行って良かったです
この公演は27日までやっていますので
お時間のある方は観に行かれては如何ですか(^_−)−☆



  夜の部の『伊達の十役』は、上記したように七世團十郎が初演した作品で、市川猿翁が三代目猿之助時代に復活した人気作品。これを受け継いだ海老蔵が、関西圏で初めて挑む注目の舞台です。善悪男女10役の50回近い早替りとそれぞれの役の演じ分け、そして仁木弾正の宙乗りと、見どころにあふれています。

夜の部観てみたいですね
また機会があれば足を運びたいと思います
もう少し記事にしたい事がありますが
瞼が下におりてきて辛うございます
つまらない内容になりました
本日も長々とお付き合いありがとうございましたm(._.)m

それでは


- 2 Comments

たーちゃん  

No title

歌舞伎の世界は本当に大変ですよねぇ
練習に練習

口上 そうですね 胸が熱くなったでしょうねぇ
じぃ~んです

私もわからない世界ですが
やはり伝統芸 感動なんでしょうね

2013/05/10 (Fri) 19:44 | EDIT | REPLY |   

あや  

Re: たーちゃんこんばんは〜

> 歌舞伎の世界は本当に大変ですよねぇ
> 練習に練習
>
後継者育成に大変みたいですね

> 口上 そうですね 胸が熱くなったでしょうねぇ
> じぃ~んです
>
思わずグッと、じぃ〜んときました

> 私もわからない世界ですが
> やはり伝統芸 感動なんでしょうね

私も分からんで行ったんよ
でも私でも分かったわ
TVで観たらきっと寝てると思います

2013/05/10 (Fri) 20:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。