お喜楽人生

日々の出来事、記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投入れ堂3



三徳山三仏寺
奥院「投入れ堂」
国宝に指定されています
  三佛寺の由緒は明確ではないが、
寺伝によると、慶雲三年(706)
役小角(えんのおづぬ) が
三弁の蓮花を散らしたところ、
その一弁がここに落ちたので
(ほかは伊予石槌山と吉野) 堂宇を建てて
修験の行場にしたといわれている。
三徳山奥の院「投入堂」は役の行者が
法力で投入れたとされ、
建立方法については、
今もなお謎のままである。
以上ネットでお借りしました
〒682-0132 鳥取県東伯郡三朝町三徳1010
三徳山ホームペジ:http://mitokusan.jp/
詳しくはホームページを見てください



登りと比べて下りは比較的スイスイ
楽に下山出来ました

巨木が倒れていました
腐っていないので杉の木でしょうか?

何箇所か下山も大変な箇所がありましたが
足元が滑る事がなく、歩きやすかったです

木の根はむき出し
ツルツル、テカテカ
入山者が多い事がわかります

1時間20分
予定していた時間は往復2時間
何だか物足りないね

お借りした輪袈裟は此方に返しました
輪袈裟に書いてある文字は『六根清浄』
懐かしいですね
声高らかに『六根清浄』と
唄いながら登った富士山
また此方で『六根清浄』と
唄いながら登れるなんて(´^ิ∀^ิ`*)ルン♬
誰も唄わなかったんですが;^_^A
ひとりルンルン気分でね^_^

自動販売機に面白いものみつけました
“あんたが悪いと指さした下の三本は
自分を向いている”
自分自身に置き換え反省して帰りました
何事も他人のせいにしてはいけませんね





精進料理を食べさせてくれるお店
時間がまだ早いのでオープンしていません



お土産屋さんもありました

中国四十九薬師霊場第四十三番札所
ヘェ~とか思いながら此方を後にしました



此方の朝の気温はまだ低いですね
この後は岡山上齋原に帰ります

本日も最後までお付き合い
ありがとうございますm(._.)m

それでは






人気ブログランキングへ

blogramで人気ブログを分析




- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。